0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

法律上の離婚原因が無くても離婚出来る?

離婚請求離婚を求めた性格の不一致子あり親権原因女性性別養育費相手職業子どもその他争点(子ども)争点(財産分与)
                   

状況

依頼者である妻が、性格の不一致等を理由に離婚を望まれていました。また、妻が以前不倫をしたことがあった為、裁判では離婚が認められない可能性が高い状況でした。

「既に夫婦の信頼関係は完全に破綻している。どうにか離婚出来ないか。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

ご依頼後、夫と直接、電話で協議を進めました。裁判では離婚が認められない可能性が極めて高い為、協議で離婚の合意に至りたいと考えました。当初、夫は、妻の過去の不倫に対して慰謝料を請求してきましたが、この件は既に時効が成立しており、このまま慰謝料の請求を続ける場合は、財産分与として金銭を請求する旨を夫に伝えると、夫は慰謝料の請求を諦めました。その他にも、養育費の金額についてお互い主張がありましたが、最終的には妻の主張を認めてもらうことに成功しました。ご依頼後、約半年で協議離婚に至りました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ