0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

不貞をした夫から400万円の慰謝料

離婚を求めた会社員慰謝料浮気・不倫をされた女性30代子なし
                   
事例のイメージ

状況

不貞結婚して3年間は円満でしたが、ある時夫の不貞行為が発覚しました。しかし、夫は慰謝料を支払うことを渋っており、払っても200万円としていました。「少しでも慰謝料を多くとってから、離婚したい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

                   

活動

まず婚姻費用の調停を申し立てて相手の様子を見たところ、相手方が円満調停を申し立ててきて粘り腰の交渉をしてきたので、別途で慰謝料請求訴訟を提起いたしました。
慰謝料請求訴訟と婚姻費用の二つの手続きに対応していくうちに、相手方もこのまま粘っても不利な状況にあるとわかったのか、結果的には相手方から財産分与として150万と慰謝料として400万を支払わせることに成功しました。

                   

ポイント

通常不貞慰謝料はとれても200万円ですので、相手の主張してくる金額はおかしなものではありません。しかし、当方としては、有責配偶者からの離婚請求はある程度の別居期間がないと認められないことを逆手にとり、400万もの慰謝料を支払わせて離婚を成立させることができた事例です。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ