0120-920-746
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

妻から300万の慰謝料請求を100万で和解成立

離婚を求めた性格の不一致男性子あり慰謝料30代パートアルバイト
                   
事例のイメージ

状況

別居妻が家を出ていく形で別居が始まってから、数年が経過していた為、夫が離婚に向けて協議を開始しました。協議を進めていく中で、妻が夫に対し女性関係を理由に慰謝料を求めてきました。

「別居してから相当程度時間が経過した後の女性関係を理由に慰謝料を支払う理由はない。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

                   

活動

当職が依頼者である夫を代理して離婚調停を申し立てたものの、解決金の金額で合意に至らず、訴訟を提起することとなりました。

相手方は、別居していたにもかかわらず、婚姻関係は破綻していなかったという旨の主張をしており、当方はこれに反論をしていました。

最終的に、当方の主張がある程度認められることとなり、慰謝料名目での支払いは0、財産分与を含めた解決金名目で100万円のみを支払う形で和解が成立しました。

                   

ポイント

離婚後相当期間が経過した後の男女関係については、基本的に慰謝料を支払うべき法的義務を負わないというのが昨今の裁判例の状況です。

本件は、相手方の慰謝料請求を一貫して拒否し、相手方の慰謝料請求を3分の1にまで減額させることができたという点で大きな成功を収めた事例です。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-920-746
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ