0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

有責配偶者からの離婚が成立しました

離婚請求離婚を求めた男性子あり慰謝料原因浮気・不倫をされた公務員不動産性別相手職業子ども争点(お金)争点(財産分与)
                   

状況

当事者間で離婚協議を進めていましたが、妻は離婚に応じてくれませんでした。それだけでなく、離婚する条件として、多額の慰謝料と、住宅ローンの全てを負担するよう提示してきました。また、依頼者である夫自身に不貞行為の事実があり、もはや当事者間のみでの協議は難しい状況でした。

「不貞行為は認めていて、それに対する慰謝料を支払うのは仕方ないと思っている。しかし、財産分与についてはお互い公平にして離婚したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

一般的に、裁判によって有責配偶者から離婚を申し出た場合、最低でも7年~8年、長ければ10年以上も別居の事実がない限り離婚が認められることは困難です。更に、別居期間中は婚姻関係が継続している為、相手方へ婚姻費用を支払う必要があります。有責配偶者はこの点で大きな負担と義務を背負うこととなります。そのような中、本件は約1年という短い期間で離婚を成立させることが出来ました。また、当初慰謝料として300万円の請求を受けておりましたが、これを150万円減額させることに成功し、不動産に関しても妻が不動産を取得することを条件に全ての住宅ローンを妻に負わせることが出来たという点で、大変大きな成功を納めました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ