0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

自宅を取得したい

離婚請求離婚を求めた性格の不一致会社員子あり原因女性不動産性別養育費相手職業子ども争点(子ども)争点(財産分与)
                   

状況

当事者間で、離婚については概ね合意しておりましたが、自宅をどのようにするかという点で協議が難航していました。

「子供には引っ越したくないという思いがあるので、子供の気持ちを尊重して自宅を取得したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、夫は自宅を売却したい旨の主張をしており、既に売却に向けての手続きを進めていました。妻が仮に自宅を取得したとしても、住宅ローンの支払いが続く以上、支払いが滞れば競売に掛かり売却される危険性もありました。そこで、依頼者である妻の両親からの援助も一部はありましたが、残ローンのうち約400万円程度を夫に負担させ、一括で支払ってもらい、無事に住宅ローンを完済しました。その上で妻が自宅を取得するという合意に至りました。それだけでなく、養育費も月額4万円の支払いの合意を得ております。

                   

ポイント

「自宅を取得したいが、住宅ローンは相手方に支払ってもらいたい。」というご相談を受けることがよくあります。もちろん、相手方がしっかりと合意すれば問題はありませんが、一般的に考えて、自分が住んでいない自宅の支払いを続けるということに合意する例は少ないでしょう。また、仮に合意をしたとしても、相手方が滞りなく支払いを続ける保証はどこにもありません。相手方が支払いを辞めても、相手方にとってのリスクは少ないのです。逆に、支払が滞れば競売に掛かり売却される危険性が高い為、自宅を取得した側のリスクが高くなります。そのような状況の中、住宅ローンを完済した上で、しっかりと自宅を取得することが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ