0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

金銭的請求を大幅に減額しました

離婚請求性格の不一致男性慰謝料離婚を求められた原因子なし不動産性別保険退職金相手職業主婦子ども争点(お金)争点(財産分与)
                   

状況

妻から離婚調停を申し立てられました。それに伴い、慰謝料と財産分与の支払いの請求もされていました。

「そもそも離婚に同意していない。仮に離婚となっても、可能な限り金額を抑えてほしい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

妻は、夫のDVやモラハラを理由に慰謝料の支払いを求めてきました。しかし、それらに関する資料が何ら提出されていなかった為、根拠がない旨主張した結果、妻が慰謝料の請求を諦めました。また、財産分与については、当初800万円の請求を受けておりましたが、退職金や生命保険金の計算方法、不動産の評価方法等につき夫に有利な主張を続けた結果、120万円の減額に成功しました。

                   

ポイント

近年、モラハラを理由とする慰謝料請求の事例が非常に増えてきております。、モラハラを理由とするには、相手の法的権利が侵害される程の行為があったか、また、それをどのように証明するかが重要となります。
そして、財産分与については、退職金や生命保険が含まれる場合もありますが、あくまでも婚姻期間に対する分が対象となり、全額が財産分与の対象となるわけではありません。
本件では、上記の事柄に基づき、慰謝料・財産分与ともに大幅な減額を成功させました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ