0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

夫が子供の監護権・親権を取得することに成功した事例

離婚請求性格の不一致男性子あり親権離婚を求められた原因性別相手職業パートアルバイト子ども争点(子ども)
                   

状況

妻が3名の子供のうち、1名を連れて家を出て行きました。しかし、その後、残りの2名も引き渡すよう仮処分の申し立てがなされました。

「離婚には合意しているが、子供は絶対に譲らない。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

妻が提出した申立書に対して、30頁以上にもわたる夫の主張を盛り込んだ反論書を提出しました。また、家庭裁判所調査官の調査にも積極的に協力し、夫の監護養育体制に何ら問題がないことを裁判所へ訴えていきました。最終的に、裁判所も子どもを引き渡す必要性がないと判断し、妻が申立てを取り下げたことで解決となりました。

                   

ポイント

一般的に、子どもに関することは母親側が有利と思われている方が多いでしょう。しかし、近年では、子供の監護養育状況の実態や、問題点があるかどうか等が重要視されています。その為、父親側でも、子供の監護養育をしっかりと行っており、何も問題がないということをきちんと主張できれば、裁判所から有利な判断を得ることが出来る可能性は十分にあります。
そのような主張を続けた結果、裁判所の有利な判断を得ることができ、最終的には相手方が申し立てを取り下げる形で解決に至ることが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ