0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

養育費の請求が高すぎる・・・

離婚請求離婚を求めた性格の不一致男性子あり原因性別養育費暴言・モラハラ相手職業パートアルバイト子ども争点(子ども)
                   

状況

妻のモラハラや性格の不一致を理由に、依頼者である夫から離婚を申し入れました。しかし、妻は、相場よりもはるかに高い金額の養育費と、根拠のない慰謝料の支払いを請求してきました。

「養育費はしっかり支払うつもりだ。しかし、あまりにも高額な金額を請求されている。相場通りの金額にした上で離婚したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、協議をするもなかなか折り合いがつきませんでした。しかし、別居期間がある程度経過してきた段階で、妻へ調停等の法的手続に移行する旨を主張すると、妻も徐々に協議に応じる姿勢を見せてきました。最終的に、養育費は相場通りの金額で合意に至り、離婚を成立せることに成功しました。

                   

ポイント

別居期間がある程度経過すると、裁判での離婚は認められる可能性が高まります。その際、養育費については相場通りの金額になることが殆どであり、当事者間で離婚自体に争いが無い場合は、わざわざ裁判を行うメリットがありません。そのため、離婚に前向きでない相手方でも、別居期間が蓄積されると応じざるを得なくなる場合が多いです。

本件では、別居期間が相当期間過ぎたタイミングで、相手方へ離婚に応じるよう仕向け、協議で離婚が成立しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ