0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

養育費を少しでも安く

離婚請求離婚を求めた性格の不一致男性会社員子あり原因性別養育費相手職業子ども争点(子ども)
                   

状況

当事者間で、離婚については概ね合意しておりましたが、養育費の面で争いがありました。

「現在、夫婦としての借入金を一人で弁済しており、とても妻の請求額は支払えない。少しでも金額を減らしてほしい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、依頼者である夫は妻に対して月額4万7500円を養育費として支払っており、妻はこの金額を維持してほしいと要求してきました。しかし、実際に夫が借りている借金の明細や毎月の返済額に関する資料をを妻に提供し、減額の主張を続けました。その結果、月額3万円にまで減額することができ、無事に離婚が成立しました。

                   

ポイント

養育費の支払いは、子供が小さい場合は特に、支払期間が非常に長期間となるものです。たとえ1万円の減額でも、1年で12万円、20年で240万円となり、非常に大きな減額となります。そのような中、本件は、当初の請求より1万7500円もの大幅な減額に成功しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ