0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

相手の言い分ばかりを聞く調停委員

離婚請求性格の不一致男性子あり離婚を求められた原因不動産性別養育費相手職業パートアルバイト子ども争点(子ども)争点(財産分与)
                   

状況

離婚調停と婚姻費用分担調停中でしたが、調停員は夫の言い分には聞く耳持たずで妻の意見ばかりを聞き入れていました。婚姻費用の一般的な相場よりも大幅に高額な金額を請求されており、その上慰謝料まで請求されており、これ以上自分で調停を進めることが困難になりました。

「今の状態では、調停委員も妻の言い分ばかりを聞き入れ、全て妻の要望が通ってしまう。それは回避したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

まず最初に、婚姻費用の金額について、調停委員へ根拠を明らかにし、調停の全体的な流れを断ち切りました。

その後、意見書を作成して提示したところ、婚姻費用のみならず、妻の家賃相当額についても減額させることが出来ました。
また、離婚についても妥当な条件で合意に至りました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ