0120-920-746
受付時間 平日 9:00〜18:00

男性(40代)

よくある状況

  • 婚姻期間が20年以下
  • お子さまの中で最年長者が中高生

争点になる可能性が高いもの

  • 財産分与(退職金)
  • 年金分割

争点になる可能性が低いもの

  • お子さまの親権、養育費
  • お子さまとの面会交流
40代男性

お子さまも大きくなり、進学費用や教育費用にお金がかかる時期にさしかかっているかと思います。そうなると、想定される養育費に追加して入学金や授業費などを請求される可能性が高くなります。
また、建てたマイホームの住宅ローンの支払いも未だ続いている方も多いのではないでしょうか。そのため、30代の男性と同じくマイホームに関する問題に直面することもあります。

お子さまの悩み、マイホームの問題に続いて40代の男性に出てくるのは「退職金」問題です。受け取ることができるのは遠い将来であり、手元にはお金が無いにも拘わらず、財産分与の対象として組み込まれる傾向にあります。中には、「支払われてもいない退職金を財産分与の対象に含めるのか」という考えを主張する方もいらっしゃいますが、公務員や上場企業社員などの場合は、特に財産分与対象となりやすい印象です。 もし「退職金」が財産分与の対象に組み込まれてしまったら、実際に手元にない財産を支払うことになりますので、分与金額の減額交渉は行うべきです。また、他の財産部分と調整(例えば、住宅ローンは返済するので退職金の支払いは無、など)を行うことで話を進める事が出来ます。こういった話し合いに弁護士が入ることで、少しでも優位な解決となれるようお客様に代わって協議することができるようになります。

このようにお金が絡む複雑な問題が出てくるのが40代男性の離婚問題の特徴です。
熊本にお住まいの方で、退職金などの財産分与などでお悩みがある方は、当法律事務所に一度ご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-920-746
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ