0120-920-746
受付時間 平日 9:00〜18:00

男性(50代)

よくある状況

  • 婚姻期間が25年~30年ほど
  • お子さまが中高校生以上であることが多い

争点になる可能性が高いもの

  • 財産分与(退職金)
  • 年金分割

争点になる可能性が低いもの

  • お子さまの親権、養育費
  • お子さまとの面会交流
50代男性

50代となると、お子さまも自身の意思を主張することができるようになっていることから親権や養育費の部分が大きな問題になることは減っていきます。
その代わりに複雑化しやすい問題は、「財産分与」についてです。婚姻期間が長くなればなるほど、二人の共有財産は増えていきます。例えば、マイホームやマイホームに伴う住宅ローン、互いの生命保険や退職金などが考えられます。

退職金に関して言えば、退職時期(60歳を想定)まであと10年程となっているので、財産分与の対象となることはやむを得ません。しかし、単純に折半と結論付ける前に、しっかりと分与範囲について協議すべきです。
その際に、弁護士が代理人となることで、少しでも優位な解決となれるようお客様に代わって協議することができるようになります。

お二人で築き上げた共有財産をめぐり、多額の請求を受け、苦戦を強いられる可能性が高いのが50代男性の離婚問題の特徴です。
熊本にお住まいの方で、財産分与などでお悩みがある方は、当法律事務所に一度ご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-920-746
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ