0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00

離婚にまつわる慰謝料は、2種類に分けられます。

①離婚の原因である有責者の行為(不倫、暴力など)により生じた精神的苦痛への慰謝料

②自分が『離婚をする』ということで感じた精神的苦痛への慰謝料 

仮に、妻側が不倫をしたために離婚となり、夫が慰謝料を請求すれば妻が支払います。慰謝料には性別は関係ありません。

 

慰謝料の相場は?

イメージ不貞行為があったことに争いが無い場合、
70万円から250万円に収まることがほとんどです。

もっとも、不貞の回数や期間、婚姻期間の長さ、その他当事者間における
一切具体的事情を加味した上で金額が増減します。
但し、不貞発覚後の夫婦関係がどのような状態に至ったかによって、
慰謝料額は変動します。

というのも、発覚後に夫婦関係が修復された場合と、修復されず離婚に
至った場合とで慰謝料が同じ額では不公平な結論となるためです。

 

離婚の有無で変動する慰謝料

前項でも述べましたが、不貞発覚後の夫婦関係がどのような状態に至ったかによって、慰謝料額は変動します。
例えば、離婚も考えたけれどやり直す前提で不貞相手に請求する場合は、離婚はしていませんので、上述②の請求はできません。

離婚もして請求もする場合と比較すれば、当然に低額になります。またその場合は、請求対象は不貞相手のみになるでしょう。

 

離婚と慰謝料のW請求の場合

1.協議

当然のことながら、金額や支払い期限・方法についての定めは無く、双方が合意できるのであれば自由に決めることができます。
具体的な金額などが決まったのであれば、その他の話し合いで取り決めた事項と共に、必ず文書に残しておきましょう。

2.調停

協議で合意できない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、その中で慰謝料や財産分与などの話し合いを行います。
調停が成立となれば、慰謝料の支払いについても記載された「調停調書」が作成されます。調停調書は判決と同じ効力を
持つので、万が一、慰謝料が支払われなければ、強制執行の手続きを進めることができるようになります。

3.訴訟

調停でも合意できず不成立となれば、審判に移行することは殆どありません。一般的には、離婚・慰謝料請求側が訴訟を起こす
ことになります。そして、最終的に、判決で認められるか、和解により慰謝料額が決定されることになります。

ご相談・お問合せ

       

不倫慰謝料問題の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。
慰謝料に関するご相談は初回30分無料でご対応いたします。ご来所が難しいお客様、新型コロナウイルスの流行を踏まえて人との接触をできるだけ控えたい方などご希望があれば電話での相談対応も行っておりますので、是非ご利用ください。
当事務所は、熊本県熊本市の中心部(鶴屋デパートから徒歩3分)に所在しております。

0120-100-129
           
メールでのお問合せ
           
LINEでのお問合せ