0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

反対ばかりする妻

離婚請求離婚を求めた性格の不一致男性子あり親権原因公務員不動産性別養育費相手職業子ども争点(子ども)争点(財産分与)
                   

状況

当初、性格の不一致を理由に妻へ離婚協議を申し入れておりましたが、妻が離婚に反対しており、なおかつ、自宅を売却することについてもなかなか応じてくれませんでした。
「早期にとにかく離婚したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、妻は、離婚することと自宅から退去することにも反対していた為、調停が不成立で終わってしまう可能性が高いだろうと見越しておりました。

しかし、調停手続の中で、「離婚したいという決意は決して揺るがない」と粘り強く妻と交渉を続けることで、妻も離婚に応じる姿勢を見せてきました。その結果、自宅を売却することについて同意をもらい、おおよそ当方が意図した内容で調停を成立させることが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ