0120-920-746
受付時間 平日 9:00〜18:00

相手に弁護士が就任した

相手に弁護士が就任した

相手に弁護士が就任した場合に、あなたも弁護士を就けた方が良いのでしょうか?

結論から言えば、もちろん「就けた方が良い」です。

相手の弁護士はあくまで「相手の」弁護士です。

相手から弁護士費用を受け取り、相手の利益や希望を最大限実現する為にあなたとの交渉を行います。

もちろん、相手の利益や希望を一方的にあなたに伝えるだけではあなたの合意を得られません。その為、相手の弁護士は「ある部分は」譲歩しつつ、今ここで協議に応じるのが「あなたにとっても良い」というスタンスであなたの合意を引き出しにきます。

本当に「あなたにとって良い」かどうかは、あなたの立場に立ってしっかりと状況を把握し、法律的知識や相場観をもって分析をした上でようやく判断できるものです。
もちろん、弁護士費用が一定程度負担せざるを得なくなってしまいますが、お子様のことや財産分与のことなど大きな条件を伴う場合は一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

相手に弁護士が就任され、今後どのように進めるべきかお悩みの方は一度当事務所にご相談下さい。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-920-746
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ