0120-920-746
受付時間 平日 9:00〜18:00

はじめに

はじめに

財産分与において紛糾する可能性が高い財産が不動産です。

不動産は、一般的には、現在(裁判では口頭弁論終結時)の不動産時価から現在のローン残額を差し引いた残額を不動産の現在価値とします。そして、これに各自の寄与部分の割合を乗じて各自の取得額を計算します。

不動産の評価方法

不動産の評価方法

不動産の時価といっても、評価方法は多様です。路線価、評価証明書、不動産業者が作成する簡易査定書、不動産鑑定士が作成する鑑定書等々です。そのため、どの評価方法を基準とするのかで争うことがままあります。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-920-746
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ