0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00

男性のための離婚相談

男性のための離婚相談
  • 婚姻費用ってなんで払うのか
  • 不倫の慰謝料と離婚を一緒に請求された
  • 離婚は合意したが、親権は渡したくない
  • 養育費を支払っているのに、面会交流させてもらえない
  • そもそも離婚したくない

男性側の離婚には、慰謝料、婚姻費用(生活費)、養育費、財産分与、年金分割など、必ず「お金」の問題が生じます。いずれのお悩みも、弁護士に任せることによって、大きく結果が変わり得るものです。

プライバシーを守ります

当法律事務所では、相談された内容や相談されたこと自体が周囲に知られることのないよう、プライバシーの厳守を徹底しております。
また、職場はもちろんのこと、妻や子ども、ご近所周りの方々にも内緒で手続きが進められるように、郵送物送付時や架電の際などにも、細心の注意を払って対応しております。

婚姻費用

婚姻費用

妻側から離婚請求受けた際、最初に揉めやすい問題は『婚姻費用』です。妻が夫よりも収入が低かったり、専業主婦だったりした場合、夫は妻に対して、生活費を負担する義務が生じ、これを『婚姻費用』と言います。

  1. 離婚が成立するまでの間、婚姻費用を負担し続ける
  2. 別居していても支払い義務は生じる
  3. 焦って高額な婚姻費用の条件を合意してしまう

こういった状況は、弁護士が間に入ることで、適正な金額で交渉を終わらせることができます。

財産分与

男性のための離婚相談

原則、夫婦が結婚期間中に形成した財産については、その寄与(貢献)度に応じて分配されることになり、特段の理由が無い限りは、夫婦の寄与度は2分の1ずつとみられることが殆どです。共働きであっても、妻が専業主婦あっても、この割合は変わりません。
しかし、分ける前には、どれだけ財産があるのかをすべて把握する必要があります。今ある財産の種類はどういうものがあるのか、資料はどういったものが必要となるのか、財産に見落としがないか、などの手続きは、経験豊富な弁護士とともに進めることがお勧めです。

最後に

最後に

男性の皆さまの大切な財産をお守りするためにも、豊富な「経験」と圧倒的な「交渉力」を有する当法律事務所弁護士にご相談下さい。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ