0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

この金額は妥当なの?

離婚請求性格の不一致男性会社員子あり離婚を求められた原因性別養育費相手職業子ども争点(子ども)争点(財産分与)
                   

状況

当初、妻より、財産分与として約80万円、養育費として子供が22歳になるまで毎月6万円を請求されてました。

「財産分与や養育費は支払うつもりだ。ただ、妥当な金額にしてほしい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

ご依頼後、直ちに相手方代理人と弁護士間で協議を開始したものの、合意に至らず、妻より調停が申し立てられました。妻は、財産分与として80万円、養育費として子供が22歳になるまで毎月6万円という条件を頑なに主張してきましたが、当事務所の弁護士は、適切な資料を裁判官に提示し、裁判所へ主張を続けました。その結果、裁判官が妻を強く説得し、財産分与は10万円、養育費は子供が20歳になるまで毎月3万6000円という金額で合意することに成功しました。

                   

ポイント

妻の要求は、いずれも法的根拠が皆無で、過大な請求でした。しかし、調停の場合は、多少過大な請求でも、承諾するよう求められるケースもあります。そのような中、相手方の主張に対して真っ向から反論し、想定通り金額で合意を得ることができ、大きな成功となりました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ