0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

財産分与と慰謝料の請求をゼロに出来ました

離婚請求性格の不一致男性子あり慰謝料離婚を求められた原因浮気・不倫をした性別養育費パートアルバイト子ども争点(子ども)争点(お金)争点(財産分与)
                   

状況

当事者間で既に調停を行っていたましたが、そこで離婚は成立せず、訴訟が提起されました。裁判手続の中で、妻より、養育費として月額10万円、慰謝料として約330万円、財産分与として約140万円の支払いを要求されていました。

「離婚については合意している。しかし、支払う金額を少しでも減らしてほしい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

財産分与について、妻側の主張が大変理不尽であった為、当事務所の弁護士が粘り強く反論し、裁判所へ訴え続けました。また、慰謝料については、依頼者の不貞行為を裏付ける証拠も多かった為、判決となれば、慰謝料の支払い義務が認められる可能性が十分にありました。そこで、裁判官や妻の代理人弁護士をうまく説得し、財産分与と慰謝料の請求を全て放棄することを条件に、早期に離婚に応じることを提案しました。最終的に、相手もこちらの主張に応じ、財産分与及び慰謝料の請求をを全て放棄することを約束する形で離婚が成立しました。

                   

ポイント

慰謝料について、依頼者にとって不利な証拠が多かった為、判決を求めるのは極めて危険な状況でした。その為、裁判所と相手方代理人をうまく説得し、相手方に請求を放棄させた上で離婚を成立させることが出来たことが大きな成功となりました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ