0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

子供に関する条件で折り合いがつきません!

離婚請求離婚を求めた性格の不一致会社員子あり親権原因女性面会交流性別養育費相手職業子ども争点(子ども)
                   

状況

依頼者である妻は、夫に対して離婚を求めていました。しかし、子どもに関する各種条件でなかなか合意に至らず、協議が進まずにいました。

「親権は絶対に譲りたくないので、親権を取った上で早く離婚したい。養育費をしっかり支払ってくれるかが不安なので、公正証書を作成したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

ご依頼後、夫と電話で協議を進めました。しかし、やはり子どもに関する条件で協議は難航しました。その後も粘り強く交渉を続け、面会交流の方法をしっかりと具体的に定めることを条件に、妻が親権を取得する旨の合意を得られました。また、養育費についても相場の金額で合意することが出来た上、公正証書も作成することが出来ました。

                   

ポイント

法律上の明確な離婚原因が無い場合、直ちに離婚することは難しいです。その為、ある程度条件を妥協しなければ早期に離婚することは困難な状態でした。そのような中で、当事務所の弁護士は、面会交流について具体的な条件を定めることで、相手方の姿勢を徐々に変えていこうとしました。その結果、依頼者が親権を取得し、養育費も相場相当額で合意することができ、また、依頼者の希望であった公正証書を作成することにも成功しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ