0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

定期的に子供に会いたい

離婚請求性格の不一致男性子あり親権離婚を求められた原因面会交流性別相手職業子どもその他争点(子ども)
                   

状況

妻が子どもを連れ去り、別居が開始されました。その後、妻より性格の不一致を理由に離婚調停を申し立てられました。

「定期的に子供に会わせてほしい。離婚となったら親権は絶対に譲りたくない。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

別居後、夫は妻とほとんど連絡を取ることが出来ず、面会交流の協議すら出来ない状態でした。その為、子どもの引渡しを求める旨の調停を妻へ申し立てました。その後、調停員や調査官協力の元、試験的な面会交流を実施することが決まりました。

当初は、月に1回程度の予定でしたが、試験的な面会交流を続けることで妻の考えも徐々に変わっていき、結果的に月2回程度(宿泊付)の面会交流の取り決めに成功しました。

                   

ポイント

一般的に、面会交流について争いが生じている場合、月1回程度で決まることがほとんどです。しかし、本件は月2回程度、更には宿泊付の面会交流を実現することが出来たことが大変大きな成功でした。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ