0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

外国籍のDV・モラハラ夫と離婚したい

離婚請求離婚を求めた子あり原因女性性別暴力・DV専門職暴言・モラハラ相手職業子ども
                   

状況

既に当事者間で調停を行っていました。
外国籍の夫からのDVとモラハラにより、精神的にも肉体的にも辛い状況でした。

「どんな条件でも構わないから、可能な限り早期に離婚したい。」という思いで当事務所にご来所されました。

                   

活動

訴訟提起を行ったのですが、夫が期日に出頭せず、進められない状態でした。その後、夫は出頭するようになりましたが、日本語での意思疎通が難しく、通訳の選任をするのに時間を要しました。通訳選任後、協議を始めましたが、養育費や慰謝料の他にも、子供との面会交流についても争いがあった為、離婚が成立するまでに時間がかかる可能性がありました。そこで、戦略的に離婚と親権以外の全ての条件を放棄することで、無事に和解することができ、短期間で離婚が成立しました。

                   

ポイント

外国籍の方が相手方となる場合、どうしても言葉の壁が問題となります。書面の翻訳をどうするのか、通訳をどのような形で選任するのか等、多くの障害が生じます。そのような状況の中、和解で離婚を早期に成立させることに成功しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ