0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

親権は譲りません

離婚請求子あり親権慰謝料離婚を求められた原因女性性別暴力・DV専門職暴言・モラハラ相手職業子ども争点(子ども)争点(お金)
                   

状況

夫より、DVとモラハラを理由に離婚調停を申し立てられました。

「夫は親権の取得について主張してきているが、親権だけは絶対に譲りたくない。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

調停手続の中で、親権を巡って大きな争いがあった為、協議で解決することは困難な状態でした。しかし、家庭裁判所の調査官が介入し、依頼者である妻にとって有利な内容の調査報告書が提出されることとなりました。その結果、妻が親権を取得する上で離婚の合意に至りました。

                   

ポイント

近頃、親権争いが起こった際、母親が絶対的に有利ということは少なくなってきています。これまでの子供の監護状況や、今後の監護計画等を十分に考慮された上で親権が決まります。そして、裁判となると、調査報告書の内容は極めて重要な材料となります。本件では、その調査報告書で依頼者にとって有利な内容を勝ち取り、実際に親権を取得することが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ