0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

不貞がバレてしまったけれど・・・

離婚請求離婚を求めた性格の不一致男性会社員子あり慰謝料原因性別養育費相手職業子ども争点(子ども)争点(お金)
                   

状況

依頼者である夫自身が不貞をしてしまい、妻がそれに気付き、探偵に依頼して不貞の証拠を抑えている状況でした。

「不貞行為に及んでしまったことは認めるが、可能な限り早期に離婚したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

ご依頼後、妻の代理人と弁護士間で交渉を始めました。その結果、離婚について合意を得ることができ、早期に離婚が成立しました。その後、離婚条件について調停で進めることとなりました。当初、お互いの主張がぶつかり合っていましたが、養育費は5万円から4万5000円、財産分与は85万円から15万円にまで減額させることに成功しました。

                   

ポイント

不貞行為があり、なおかつ相手方が証拠も所持しているとなると、離婚が成立することは簡単ではありません。仮に離婚出来たとしても、慰謝料、養育費、財産分与等の離婚条件について、相手方の請求を認めざるをえない状況に置かれてしまいます。そのような中、本件は、早期に離婚を成立させ、養育費や財産分与も交渉を続けることで減額させることで合意に至り、大きな成功となりました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ