0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

離婚を拒む夫となんとかして離婚したい

離婚請求離婚を求めた性格の不一致会社員子あり原因女性性別相手職業子ども
                   

状況

金銭感覚の不一致を理由に婚姻関係が破綻していました。依頼者である妻より離婚の申し出をしておりましたが、夫は離婚に応じる様子が無く、協議は難航していました。

「とにかく早期に離婚したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

ご依頼後、直ちに夫と離婚の交渉を始めました。その後、夫にも代理人が就いた為、弁護士間で離婚条件も含めて交渉を続けました。親権を譲ることを条件に離婚に早期に応じてもらえないか主張しましたが、それでも夫は頑なに離婚を拒絶しました。しかし、最終的に、法的手続の可能性等も示唆したところ、夫からの離婚の合意を得ることが出来ました。

                   

ポイント

ご相談に来られた際、別居後間もない状態でした。その為、夫が離婚に応じない状態が続く場合、調停や訴訟等の法的手続に移行せざるを得なくなり、そうなると、最悪3年程度の別居期間が必要となる可能性がありました。そのような中、約3ヶ月という短期間で夫の離婚に対する姿勢を覆し、無事離婚が成立しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ