0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

円満和解しました

離婚請求性格の不一致男性子あり親権離婚を求められた原因性別専門職相手職業子ども争点(子ども)
                   

状況

交際中から結婚後もずっと夫婦関係は良好だったのですが、子供が生まれたことをきっかけに、お互いの気持ちにすれ違いが生じてきました。その後、双方の両親も介入したことにより紛争が大きくなり、妻から離婚調停が申し立てられました。

「話し合いもまともに出来ていないのに、このうやむやな状態のまま離婚には応じない。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、妻は離婚したい旨を強く主張していました。しかし、子供がまだ幼いこともあり、まずは試験的に面会交流を実施することになりました。面会交流を重ねる中で、当事者同士の交流も増え、妻の離婚に対する気持ちが徐々に変わってきました。最終的に、婚姻関係を継続するにあたっての取り決めをし、円満和解が成立しました。

                   

ポイント

一般的に、離婚調停が申し立てられた後に、婚姻関係を続けるという結論に至ることはほぼありません。

本件は、当事者同士というよりも、双方の両親が過剰に介入していたことが原因でした。その為、当事者のみで協議を行った結果、再びお互いの気持ちが近づき始めました。日々、離婚の成立を見ることが多い中、とっても暖かい気持ちになりました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ