0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

子供は譲らない

離婚請求離婚を求めた性格の不一致会社員子あり親権原因女性浮気・不倫をした性別暴力・DV相手職業子ども争点(子ども)
                   

状況

妻の不倫、夫のDVを理由に離婚をすることになりました。

「離婚については合意している。しかし、夫は長女の親権を譲らない様子だ。絶対に長女の親権は譲りたくない。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

調停の申し立てを行い、その中で、調査官調査が行われました。その際、概ね妻側に有利な内容の報告書が提出されました。それにも関わらず、その後も夫が頑なに争う姿勢を続けた為、裁判へ移行することになりました。

訴訟の中でも、調査官調査を行い、また今回も妻側に有利な内容の報告書が提出されました。その結果、面会交流の取り決めを条件に、無事妻が長女の親権を取得することに成功しました。

                   

ポイント

双方で離婚について合意をしていたとしても、親権を決めることが出来なければ離婚が成立しません。また、裁判官が判決を下すにあたっては、調査官の作成した調査報告書が大変重要な要素となります。その為、調査官調査で良い結果を出すことで、有利な立場になることが出来るのです。

本件では、調停と訴訟ともに調査官調査で有利な結果を勝ち取り、無事に親権を取得することが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ