0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

熟年夫婦の離婚

離婚請求離婚を求めた性格の不一致男性慰謝料原因子なし性別相手職業子どもその他争点(お金)
                   

状況

妻が家を出る形で別居が開始されており、既に約3年が過ぎていました。依頼者である夫が離婚調停を申し立てましたが、妻は離婚に応じてくれませんでした。

「どうにかして離婚することはできないか。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

訴訟を提起したのですが、当初、妻は離婚を頑なに拒否していました。それだけでなく、夫のDVや不貞を理由に慰謝料の請求までされている状態でした。しかし、妻の主張するDVや不貞の根拠となるような証拠がなかった為、反論しました。また、婚姻関係修復が事実上不可能である旨も主張しました。

その結果、妻が、解決金を支払ってもらえるのなら離婚に応じるという姿勢を見せるようになりました。交渉を続けた結果、解決金として当初150万円を請求されていましたが、50万円の減額に成功し、無事離婚に至りました。

                   

ポイント

別居期間が既に3年程度経過しており、未成熟子もいない場合は、DVや不貞等の事実が認められなければ判決でも離婚が認められることがほとんどです。その為、本件の場合は、DVや不貞の事実を認めさせないことが重要でした。
本件では、根拠となるような十分な証拠がなかった為、DVや不貞の事実は認められませんでした。その結果、頑なに離婚を拒否していた妻の考えを覆し、早期に離婚を成立させることに成功しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ