0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

前妻との間にも子供がいるので養育費を減額してほしい

離婚請求性格の不一致男性会社員子あり親権離婚を求められた原因性別養育費相手職業子ども争点(子ども)
                   

状況

性格の不一致を理由に、妻より離婚を求められました。その後、妻が子供を連れて遠方に行ってしまった為、十分な面会交流が行われておりませんでした。

「離婚となった場合は、子供の親権を取りたい。親権が難しいようであれば、まずは子供と定期的に会えるようにしてほしい。また、そもそも離婚を求めてきたのは妻の方だし、子供も妻に取られてしまうようなら、養育費は出来るだけ安くしたい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

別居期間がまだ短かったこともあり、まずは、妻側に対して、面会交流が行われない限りは離婚に応じるつもりはないし、親権も争うと主張しました。その結果、遠方ではありましたが、双方の代理人が取り持ったことで、無事に面会交流が行われるようになりました。また、養育費については、夫には前妻との間に子どもが2名いた為、それを理由に減額を主張し、最終的に相場より3万円程度の減額に成功しました。

                   

ポイント

本件のように、前妻との間に子どもがおり、そちらにも養育費を支払っている場合には、算定表の金額が当然に認められるものではありません。しかし、そのような状況でも、相手方が算定表に基づいた金額を求めてくる場合もあります。
本件では、上記の事実をしっかりと主張し、養育費の大幅な減額に成功しました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ