0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

不倫をしたにも関わらず、自宅を取得・慰謝料請求も免れました

離婚請求離婚を求めた会社員子あり原因女性浮気・不倫をした性別相手職業子ども
                   

状況

依頼者である妻が不倫をしてしまい、不倫相手も含めて夫と慰謝料の面で大きな争いになっていました。

「不倫をした自分が悪いことは認めているが、とにかく早く離婚したい。また、自宅の住宅ローンは自分で支払いを続けるので取得したい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

当初、夫は頑なに慰謝料の支払いを請求してきており、協議が難航していました。これ以上協議では進められないと判断し、離婚調停を申し立て、調停の中で財産分与について話し合いを始めました。自宅の住宅ローンがオーバーローン状態にあった為、慰謝料の請求を破棄するよう夫へ主張し、最終的に、慰謝料としての請求をゼロにすることに成功し、離婚に至りました。

                   

ポイント

妻の年収が夫より高かった為、妻が自宅と住宅ローンを引き取ることについて何ら問題はありませんでした。しかし、実際には住宅ローンがオーバーローン状態にあった為、妻が負債まで抱えることとなります。

本件では、この状況を踏まえ、事実上、慰謝料を負担したものと主張し、慰謝料の支払いをゼロにすることで離婚に至ることが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ