0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

面会交流を再開してほしい・・・

離婚請求男性子あり原因面会交流その他の請求性別専門職相手職業子ども争点(子ども)その他の原因
                   

状況

既に調停で離婚が成立したのですが、妻が面会交流の約束を守ってくれず困っていました。また、「電話による面会交流は自由に行える」と調停内で取り決めたものの、それすらも全く出来ていませんでした。

「調停で決められた面会交流をきちんと行えるようにしてほしい。」という思いで当事務所へご来所されました。

                   

活動

まずは、面会交流が拒絶されていることを理由に慰謝料請求の訴訟を提起しました。一審では敗訴となってしまいましたが、控訴したところ、高裁の裁判官が面会交流が行われるように動いてくださり、裁判期間中にも複数回面会交流が実施されました。その結果、面会交流の方法についてしっかりと取り決めることに成功しました。

                   

ポイント

面会交流の取り決めは強制力が低い為、調停で決められたとしても十分に実施されないケースが多くあります。そのような状況の中、本件では、慰謝料請求の訴訟を起こすという視点で面会交流を無事に再開させることが出来ました。

ご相談・お問い合わせ

       

離婚相談の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問い合わせ
           
LINEでのお問い合わせ